仲介業者を利用して税理士を探す際に役立つインフォメーションサイト

仲介業者を介するメリット・デメリット

税理士仲介業者とは

税理士仲介業者とは、文字通り税理士を仲介することを業務とする業者です。
仲介業務を行う仲介業者の一種で、税理士から掲載料を受取り利益を得る業者がいれば、契約が成立した際契約料の一部を利益とする業者もいます。
同じ税理士仲介業者でも、利益を上げる方法には相違があるのです。

また税理士仲介業者ごとに、掲載料や契約が成立した際の契約料の一部は、金額が異なります。
契約が成立した際の契約料の一部であれば、契約料の50パーセントほどの目安がありますが、掲載料は完全に業者次第です。

更に、税理士同士の互助会である、税理士会と利益を上げることを目的とした事業者では、税理士仲介業者の運営者次第で仲介業者としての目的が異なります。
税理士仲介業者を選ぶ際、運営者も考慮するべきでしょう。

税理士仲介業者を利用する長短所

税理士仲介業者を利用する場合、相談者である個人や事業者と税理士では、利用する目的が同じ仲介であっても、享受できるメリットやデメリットが異なります。
相談者として利用する場合と税理士として利用する場合で、良し悪しが変わってくるでしょう。

例えば多くの場合、相談者である個人や事業者は、インターネットから税理士仲介業者を介することで、無料で税理士を探せます。
一方で税理士仲介業者ごとに登録されている税理士は異なるため、必ずしも希望にマッチした税理士が見つかるとは限りません。

また、税理士にとっては相談者を探す手間を省くことができる一方、掲載料や契約料の一部を税理士仲介業者に支払わなければなりません。
仲介業者次第で、得意分野以外の相談者を紹介される可能性があります。


この記事をシェアする