仲介業者を利用して税理士を探す際に役立つインフォメーションサイト

なぜ仲介業者によって税理士の質に差が生じるのか

税理士と税理士の業務

税理士は、いわゆる士業とされる業種の一つです。
国家資格の取得を求められることから、公共性と社会的責任を求められます。
一定程度公共性を持ち、社会的責任を果たしていることが見込まれるので、数ある業種の中でも、比較的社会的な信用を得やすい業種であると言えるでしょう。

なお税理士が業務とするのは、税務代理や税務書類の作成、税務相談といった、主に税務関係の業務です。
税務の専門家ですが、税務関係業務にしか携わることができないわけではなく、税務に関係の深い分野に対応することで、専門性を高めていることが少なくありません。

一口に税理士と言っても、得意とする業務内容には偏りが生じている可能性が拭えないため、どの税理士を選んでも望んだ結果を得られるわけではないのです。

適切な税理士の選び方

税理士を雇う場合、個人なら相続関連と納税関連が主目的であることが多いでしょう。
相続関連と納税関連の業務は、税理士の基本業務である税理関係業務です。
きちんと資格を取得している税理士であれば、問題やトラブルが生じる可能性は少ないでしょう。

もっとも、税理士を必要とするのは、多くの場合個人事業主や法人といった事業者です。
適切な税理士を選ぶことが出来なければ、事業に悪影響を及ぼす可能性があります。
事業者が税理士を探すのであれば、事前に税務を委託するだけなのか経営アドバイザー的な業務を望むのかといった点を、はっきりさせておくべきです。

税理士を探す方法としては、地域内の税理士事務所を訪ねる、知人からの紹介、インターネット検索、仲介業者の利用があります。


この記事をシェアする